Vitamin charge

何かとストレスの多い毎日ですが、ささやかな幸せを見つけて、心にもVitaminをChargeしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今日は息子の病院に行ってきました。
息子と親しい17歳の男の子と、最初は何気なく雑談していたのだけど、
彼の過去の話になった時に、手や腕に刻まれた傷を自ら見せてくれました。

3~4箇所あったその傷は、小学6年生以降に自分でカッターナイフや
包丁で切りつけた傷らしいです。

自分は死んだ方がましだと何度も思ったらしく
3階から飛び降りて、意識不明の重体になったこともあるそうです。

初めて彼に会ったのは5月で、
黒地にピンク色のキティ―ちゃんのプリントが入った派手なスウェット上下に茶髪のロン毛。
ちょっとヤンキー風だけど、とても明るくて楽しい子という印象。

年が近かったので彼のほうから息子に近づいてきて、すぐに仲良しになりました。

先月の一時帰宅の際には、病院で息子を見送ってくれて
息子が戻ると「おかえり~」と笑顔で迎えてくれました。

彼は中学2年生から不登校になり、バイクに乗ったり、無免許運転をしたり、
いろいろと母親に迷惑をかけたと、話してくれました。


今、彼は病気が治りつつあって、薬を減らす方向にいっているのだけど
自分だけ治ることが(病院の)みんなに悪いんじゃないかと悩んでいたようです。

思いつめてしまうことが時々あるらしく、今朝はそれで体調を崩してしまい
リスパダール(安定剤)が手放せないらしいです。

松島の家でおばあちゃんが待っているのだと話してくれました。

退院したら早く働いて、お母さんとおばあちゃんを楽させてあげたいと言っていました。
今自分の家は俺しか働けないから、と。

わずか17歳の少年の心に残っている深い傷。

これからは幸せになってほしい。病気が治れば安心して働けるし、結婚もできる。

あなたは胸を張って堂々と幸せになっていいんだよ、と心から彼に伝えたいです。

[ 2013/08/03 19:23 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。