Vitamin charge

何かとストレスの多い毎日ですが、ささやかな幸せを見つけて、心にもVitaminをChargeしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久々リクの登場

 先日お世話になったトレーナーさんが
ブログにリクを紹介してくださったので
ご紹介いたします。

FAITHFUL DOGS

今日も定休日があっという間に終わり、
また明日から一週間。
今月末は地元高校生が考えたスイーツコンテストの開催があるため
時間があれば試作品づくりをやっていきます。


スポンサーサイト
[ 2017/10/10 21:31 ] ペット | TB(0) | CM(0)

恥ずかしい姿

 先週は過ごしやすい気温の日が多かったせいか、
リクがこんな恥ずかしい姿で寝ていました。
そおっと近づきましたが、近づくまで爆睡していました。

ごろりん

ちらみ


「C-tanなに?なんか用?」

後ろ向き

今日は夕陽を見ながら後ろ向き・・・そおっと近づいたのに、やはり気付かれてしまいました。
今日は暑かったせいか、夏バテ気味のリクでした。


[ 2016/07/24 20:03 ] ペット | TB(0) | CM(0)

元日

明けましておめでとうございます。
今年もこのブログを読んでくださりありがとうございます。
みなさんにとって幸多き一年であるようお祈り申し上げます。

さて、元日はお店も会社も蔵(酒造り)もお休みでした。
最近のリクは、仮店舗の入り口にある犬小屋から
社員や工事関係者の方たちがせっせと働いている様子を
飽きずに一日眺めています。

でも元日だけはひとりぽっちでしたので
特別に私の部屋に連れてきました。

二階に上がる階段が怖くて上がれなかったようで
特別に抱っこ♪
リクを抱っこできたのは半年ぶりぐらい?
9月に私自身が噛まれたトラウマで、しばらくリクに触れなかったのですが
ずいぶんとお利口さんになりました。
今では体を触りまくっても平気です。

2015リク1

部屋に入れてもこのとおり。お利口さんにしています。
(ゴミ箱はあさっていましたが・・・・)

ファンヒーターの前に座布団を置いたら
気持ちよさそうに眠っていました。

2015リク2

肉まんを一緒に食べたりもして、元日だけVIP待遇!

寒くてもリクは毎日元気いっぱいです。
今夜も外の気温はマイナスですが
ひとりで蔵の番犬をしてくれています。
[ 2015/01/03 21:35 ] ペット | TB(0) | CM(0)

犬のトレーニング教室

去勢手術から一ケ月が経ち、カラーも外れたので
リクのトレーニングを再開しました。

今日もトレーナーさんは
トレード犬であるアラスカンマラミュートの
トールくんとロキくんを連れてきました。
シベリアンハスキーに似ていますがちょっと違うのですよ。

あらすかんまらみゅーと 

彼らの体重は30~40㌔あります。
育てにくい犬種だそうで、警察犬の訓練士などが嫌がる犬種を
あえてトレード犬にしたのだそうです。

この大型犬と一緒に散歩をすることで、リクはいろいろなことを学びます。

散歩

この大きさの違いわかりますか?

彼らとの散歩、リクは2回目です。
前回はやや緊張して、圧倒されながら歩かされていた感じでしたが
今回は、警戒心も吹っ飛び、嬉しくて嬉しくて!
犬は犬同士で遊びたいのだなと、初めてわかりました。

トレーナーさんからは
とても落ち着いてお利口さんになったと褒められました。

でも、飼い主のほうは噛まれたトラウマがまだあって
心から散歩を楽しいと思えないのです。
この飼い主の不安感を犬は敏感に感じ取り
今までできていたことが、できなくなったりするそうです。

犬は人間の心を読んでいるらしいです。

飼い主さんの心の傷はゆっくり治していけば
大丈夫ですよ、とのアドバイスでした。

せんせいわごん

ということでした。
トレーナーさんはいつも「あまり肩肘をはって考えすぎないこと」
「おおらかに、おおらかにね~!」とおっしゃいます。

これってすべてにおいて言えることで
まるでセラピストのような方です。

犬のトレーニング教室
「Faithful Dog」 須賀川市
http://www.faithfuldog.net/about.html
[ 2014/11/04 00:00 ] ペット | TB(0) | CM(0)

リクの手術その後

10月1日に去勢手術と犬歯切断をしたリク。
手術後と翌日は、痛みがあったのか、
ほとんど動きませんでした。

今朝は散歩に行けましたが、昼間は寝ている時間が多かったです。
(首にカラーをしてうとうと・・・)

リク手術 

手術開始までいろいろ大変でした。
手術台に上がっても、鎮痛剤を打つまで 暴れていたし、
打ってから効くまでじっと私が押さえていました。(もちろん完全防備)

上下2本ずつの犬歯はほんの少し削る程度の予定でしたが
犬の顎の力は強いらしく、先を少し削ったくらいじゃ本気噛みされたら
やはり怪我をするそうです。
そこで、動物病院の先生+先生の後輩+ペットの医療品を扱う業者さんおふたり+私の5人で話し合った結果、
他の歯と同じ高さまで切断することになりました。

私が手首を怪我した時に、父が先生に相談したらしく
その時にはもう保健所に連れて行きそうな勢いだったようで
先生なりに、悲しいお別れにならないようにベストな方法を考えてくださいました。

犬歯切断について、いろいろ調べてみたのですが
ヨーロッパでは動物愛護の面から、禁止されているらしく
飼い主の都合で、健康な犬歯を切断することの責任の重さをひしひしと感じました。

命あるものはペットと言えども、無責任なことはすべきでないですね。

ちなみに、集団狂犬病接種などの経験から、
噛む犬は ①コーギー ②柴犬 ③チワワ この3つの犬種が多いらしく
これらの犬は、噛むかおとなしいかのどちらかのタイプにはっきり分かれるらしく
中間はないのだそう。
柴犬で6:4、コーギーで7:3 の割合ぐらいらしいです。

このちいさな町で、今年コーギーが咬傷事故をすでに2件起こしたらしく
そういうのは保健所に報告しなくてはいけないそうです。

ということで、手術の経過は今のところ順調です。
私はどっと疲れてしまい、腰痛が悪化。本日リハビリに行ってまいりました。











[ 2014/10/03 21:40 ] ペット | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。